債務整理をするなら弁護士に依頼をしよう

債務整理とは個人の借金などを整理する、減らす為の手続の総称を指す言葉です。借金の額を減らして息負担から解放されることを目的として行われます。任意整理、特定調停、個人再生、自己破産とがあってその中から自分に合うモノを選ぶ必要があります。

そして債務整理の手続きは自力でするか、専門家に依頼するかを選ぶことが出来、専門家に依頼するにしても弁護士と司法書士のどちらに頼むかといった選択肢があります。ただ自分で行う場合は司法知識が必要ですし、さらに手続きもいろいろあって大変なので専門家に依頼することをお勧めします。

弁護士と司法書士とでは弁護士の方がお勧めと言えます。その訳は司法書士は扱える案件の範囲に制限があるからです。